日本人が行きやすい観光地、台湾

20161104c

新婚旅行でハワイに行くためにパスポートを作ったので、せっかくパスポートを作ったのなら行けるうちに色々なところに行きたい!と夫と話して、積極的に旅行に行くことにしました。
しかし二人ともあまり英語は得意ではなく、海外旅行も慣れてないため行けるところが限られています。
新婚旅行をハワイに決めたのも日本語がある程度通じることと、治安の良さで決めたのでした。
夫の仕事もあまりまとまった休みが取れないため、3泊4日ぐらいで行ける場所で、治安が良く、英語が得意でなくても大丈夫、観るものがたくさんあり、ついでに食べ物がおいしいところ・・・と贅沢な条件で行ける場所を探していたら、友人たちから台湾が良いというそれまであまり台湾のことを知らなかったのでガイドブックやネットで調べてみると、日本人観光客に人気で、食べ物も日本人の味覚に合うものが多い、飛行機で数時間で到着できるということで、台湾に魅力を急に感じ始め、今年の旅行は台湾に決めました。

私の住んでる地域の空港から直行便が出ており、4時間程度で着くことができました。
時差も1時間程度しかないので、時差ボケで辛いということもなかったです。
実際に台湾に行ってみて感じたことは、運転が荒く、バイクがものすごく多いということ。
バイクの3人乗りなんて日本では見られないものも見られます。
さすがに日本人観光客が多いので、いたる所に日本語の表記がありました。
日本語の表記がなくても漢字からなんとなくニュアンスがわかったりします。

食べ物は日本人の味覚に合うものが多く、小籠包やマンゴーかき氷など格安でお腹いっぱい食べることができました。
汁物がちょっと薄味で人によっては物足りなく感じるかもしれません。
臭豆腐の臭いが街のあちこちで漂っていて、私はこれの臭いが苦手なので遠慮しましたが、普段食べなれないものでもせっかく行ったのならチャレンジしてみるのも旅行の楽しみの一つかもしれないですね。

今回行ったのは日本人観光客が多い地域のみでさらっとしか観光できませんでしたが、もしまた行くことがあればもっと踏み込んだ場所や食べ物を楽しんでみたいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。