劇画の日らしいです。

1964(昭和39)年の7月24日に、
青林堂が劇画雑誌『ガロ』を創刊したそうです。

白土三平の『カムイ伝』を始め、水木しげるさんや、つげ義春さん等が登場し、
大人向けの劇画ブームの拠点になったようです。

全く知りませんでしたよね~
劇画は、絵とセリフでストーリーを描く表現技法で、
日本の漫画の一分野であり、
現在、一般的にはデフォルメされた作画の漫画に対して、
写実的な作画で青年向けのシリアスなストーリーを
描くものを指して劇画と呼ぶことが多いみたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加