ストレスを解消するには睡眠時間などうまくとること

ストレスをためやすい人というのがいるみたいです。ストレスをついためてしまうのは、自分の体の限界を超えて仕事や勉強に打ち込む人が多いそうです。
適度に休憩をとるようにすればいいのですが、どうしても自分の性格が出てしまうのでしょう。また、それは自分の体のためというよりかは、仕事なら仕事、勉強なら勉強といったふうに、その効率を考えてみてもやはり休憩をとった方が効率的な場合が多いようです。仕事の場合でも、仕事中にはあまり感じないストレスや疲労感があります。そんなときにはとくにストレス予防対策としても休憩をとるべきだと思います。
もちろん、仕事以外でも育児や趣味、スポーツ、勉強でも効率よくするには、休憩がおすすめの場合があります。体を休ませる、それだけでリフレッシュ効果も高いのですね。

リフレッシュ方法として「軽く体を動かす」「散歩」など質なでほとんど動かないようにしているとストレスがたまってしまいがちです。休憩中には「何も考えないように」ということが体のためには一番リラックスできるようです。
また、休憩のためのリラックス法では「音楽で気持ちを和らげる」などここちよい音楽を聴くことがおすすめ。リラックスしてくるとつい寝てしまいがちになってくることは多いです。音楽でも自然と聞き流せる音楽、ヒーリングミュージックというものがおすすめです。
また、好きな音楽でも自分の感情に一番近いものを選んでみるなど、音楽の選択としても多彩です。
もうひとつ、リラックス効果を得るには、睡眠不足を解消するように心がけるということもあるようです。それは日常的に睡眠不足が気になってくるとストレスを感じる人も多いからですね。それは、「睡眠不足で寝れない日が続く」というのは、ひとつは寝る時間があまりにも遅くなってしまった、寝る機会を逃してしまったなど、少しでも寝る時間が過ぎてしまうと目が覚醒してくる人も多いのではないでしょうか?
それで、目がさえてしまってそのまま寝れないので、精神的にも疲れてしまい、落ち込みやすくなる人などもいます。それは性格的にも寝ている時間に「生活のため」「休めない」といつも思いこんでいるせいもあるからでしょう。

睡眠時間をうまくとるためには、一日の疲れを癒すための「何時に寝る」というのを決めておくとよいみたいです。というよりは、「眠たくなるタイミングを絶対に逃さない」といった方がわかりやすいでしょう。夜、なかなか寝付かれないのは寝るタイミングを逃したせいでもあるかもしれません。これをだいたい習慣ずけておくことで、気持ち良い睡眠時間が得られるということでもあるみたいです。「睡眠時間をしっかりとる」これこそ、ストレス解消の基本でもあり次の日の仕事の効率アップにもつながっていく感じです。頭もすっきりとなり、他人との会話もスムーズに進みます。

つまり、睡眠でも「休憩をうまくとるのは仕事のため」と割り切って考えると意外と簡単に休めたりもする感じですね。また、自分がうまく休みがとれてない場合、けっこうほかの人にも影響している場合が多いです。それは「自然と仕事の効率を上げるための休み」となれば、誰もが率先して休みをとってしまうかもしれないですね。「休みをうまく摂れない人」というのは、結局は「一日のスケジュールをうまく使いこなせない人」ということかもしれません。なので、一日の仕事の時間でも休憩はアクセント的にもとったほうが仕事の流れとしてうまくいく感じです。だいたいストレスは食生活、睡眠時間、人との交わりが原因になっていることが多いからですね。それを解消するためにも、睡眠や休憩をバカにすることも少なくなります。「いまでこそ、仕事がはかどる時間で止めれない」「休憩できない」というのであれば話は別になりますが、壁につきあっていることがあればそれはもっと効果的な休憩ができると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。