パソコン・スマホ 一覧

スポンサーリンク

私のパソコンは思い出の玉手箱

私のパソコンはいったい何台目なのかもう思い出せません。
幸いなことに、いつもデータが消える前に他の部分が壊れてしまったので、なくしたデータはあまりありません。(なかったことにしたいデータはありますが…)
パソコンを乗り換えるたびに、昔から引き継いできたメール、画像などのデータを引き継いでいままでやって来ました。
ほんの数ヶ月前にもPCが壊れてしまったので、データだけを引きつく作業をしていたところ、作業中についつい昔の写真に見入ってしまいました。
昔の旅行で撮ってきた写真や、スマートフォンで撮影した動画など(スマートフォンですらないガラケーで撮影したものの)を見ていると過去がそのままフラッシュバックしてきました。

楽しかったこと、悲しかったこと、恥ずかしくて忘れてしまいたいこと、忘れたくないのに忘れつつあるもの。
友人たちや家族も時の移り変わりとともに様々な変化を遂げているのが分かりちょっとびっくりします。
それになんといっても変化なんかしないと思っている自分自身がまったく違っていた思わず二度見してしまいました(そこ、老けただけとか言わないでお願い…)。
亡くした友人が爽やかな笑顔で微笑んでいる写真などを見つけると、しばらくは追憶の世界に行ってしまい作業もストップ。
昔遊んだりしたことが昨日のことのようです。

美味しいものの写真を見れば食べた味を思い出してしまいしばらくご飯タイムになってしまうこともあります(全然作業になりませんね…)こんなことができるのもパソコンにデータをしっかり保護していたおかげなのかなぁと思いつつ、自分の記憶力のなさにびっくりしたり、意外なところをすごく細かく覚えていたり私のパソコンは思い出の玉手箱です。

今こんな風に楽しむことができるのも知り合いがしっかりとパソコンのバックアップを自動でしてくれるようにしてくれたおかげ。
自分で出来るようになりたいけれど、まだまだ勉強することが多すぎて時間がかかりそうです。
それまではしっかりと思い出をパソコンの保存しながら、ネットで情報を集めて楽しみたいと思います。
computer_obasan


ソフトの買取りとオークション

新卒で上京し働きはじめでお金がなかった頃、唯一の休日の楽しみはゲームでした。新作ゲームを買ってきて出来うる限り早くクリアして、値段が下がらないうちに売りに行くという、今思うともったいないような生活をしていました。

近所には2件の大手と1件の地元ゲーム屋がありまして、それぞれ買取り価格が違ったため、ゲームによって売り先を変えていたことを覚えています。すごく好きなゲームなどはやり込み要素などもしっかりやりたくて、どこまで回収したら売りに行くか悩んだ上、ゲームを鞄にいれてたまま店内を3周して売らずに帰ったこともありました。今思うと本当にもったいない…。

今はゲーム屋で売るよりも、ネットオークションの方が高いらしいですね。しかも、売り手が女性か男性かとかでも売れ行きが変わるそうです。
私の女性の友人は男性向けのエロいゲームを中古で安く買い、いかにも女性感をだした(お胸にくっつけたりした)写真などで商品案内をし、転売ヤーとして、利益を嵩まししておりました。なんと恐ろしい。

その分男性からいろいろえげつないメールが来たり、クレームめいたメールが来たり、ストーキングメールが来たりしていたようです。「なんか~、またなんか変なメール来ちゃってぇ~、私はぁ~少しでもドキドキを増やしてあげようとしてるだけなのにぃ~、勘違いとかぁ~、すごく困ってるのぉ~。」と、夜中の2時にスタイル抜群の顔面阿藤快が、めそめそ電話をかけてきたことを今でも忘れません。

また、買取りと言えばこんなこともありましたね。ソフト買取り作業をしていた店員が、「買取り価格6000円です。」って言うんですよ。いや、PSPのゲームだし、確かに発売日から2週間だけど、6800円位の購入金額だったのに6000円って…。めっちゃ私が儲かるじゃない(※儲かってはいない)。「ほんとですか?」と聞いてもきょとんとした顔で「はい。」って。大手さんだったんですけど、バーコードの登録間違いとかなんですかね。2度念押しをしてもそれでいいとのことだったので6000円もらいましたが、翌週行ったときには店内で貼られていたチラシ的な買取り価格は2600円でした。なんだったんでしょうか。あれは。

やったゲームを売るか売らないか、持ってても2年後にまたやったりしないわけですよね。でも思い出として持っていたい。難しいですよね。
せっかく売るなら出来る限りの価値で戻ってくる方法を!


ホームページ制作にお金は必要!

個人営業のお店ですと、広告宣伝費ってしぶる方が多いようです。でも、多くの顧客をとるには、やはり、お店を知ってもらうところから始まると思います。

名前だけしっていても、外見も、性格もわからない人とは決して仲良くなれませんよね。お店も一緒です。わざわざ足を運ぶには、ある程度、お店の情報を知っていないと、そのお店を尋ねるきっかけにもなりません。

口コミで広まるかもという、淡い期待もありますが、口コミだけで商売は繁盛するかといわれると、それでけでは…ということになりますよね。

そこで、まずは、お店のことを知ってもらうことが大前提だと思います。そこで、利用するのが、お店の情報を紹介するホームページだと思います。

パソコンが得意な方なら、ホームページ制作することは簡単かもしれません。しかし、誰もみてくれないことには、作っても意味がないと思いませんか?

そこで、ホームページを作るなら思い切って、プロにお願いすることが顧客を掴む近道だと思います。プロにお願いをしたら、かなり料金がかかるのでは…とヒヤヒヤしますよね。

はい!正解です。かかりますよ、お金…

そして、お金をかけるならば50万以上かけることが必須です。ケチって、10万、20万では、実は、儲かるホームページにはなりません。

50万かけることで、最高でも1年でホームページ制作の費用を回収できるケースが多いそうです。これは、思い切って、50万かけると、マーケティング調査をしてからホームページを作成してくれたり、SEO対策も盛り込まれているからです。
ですから、多くの人の目に自分のお店の情報を見てもらえるようなシステムをつくるのがホームページ制作の醍醐味なんです。
成功するには、それなりのホームページ制作が必要だということです。ですから、思い切って、おしゃれなデザインで、いろいろなシステムが盛り込まれているホームページを依頼して制作してもらいましょう。

ホームページの善し悪しで、顧客の獲得に差がでるはずです。


スポンサーリンク