美容・健康 一覧

スポンサーリンク

ダイエット成功者を目の当たりにして自分も真似したくなりました

最近、身近な人がものすごく痩せました。
一人はママ友で糖質制限をして頑張っていた人です。
そして、もう一人は同じ町内会の女性です。

私もほっそりとした二人を見て、ダイエットを頑張ろうと思いました。そこで、すっかり細くなってファッションを楽しんでいる二人にダイエットのコツをそれぞれ教えてもらいました。

まずはママ友です。
とにかく、パンやごはん、パスタなどを食べてはいけないということでした。
もちろん、スナック菓子やケーキなんてもってのほかだそうです。
野菜もジャガイモやサツマイモニンジンなどは糖質が多いので、なるべく食べないようにと注意されました。

お肉は好きなだけたべてもいいし、チーズも卵もオッケーなので、食べていいものを食べたら、糖質制限ダイエットは全然空腹を感じないのだそうです。
以前、ダイエットをして10キロ痩せた時に、私は食事制限をしたので、いつも空腹で倒れそうになっていました。
そして、ダイエットが終わってから、その反動で食べ過ぎてしまい、リバウンドして今に至るという感じです。
だから、ダイエットをしておなかがすかないというのはすごく魅力に感じました。

糖質制限ダイエットがもしかして、一番最短で痩せられるかもしれないという気になりました。
心がすっかり糖質制限ダイエットに傾いたのですが、もう一人のダイエット成功者の意見も聞きに行きました。

近所に住んでいるダイエットに成功した女性は運動とカロリー制限で痩せたそうです。
おやつも全く食べないのではなく、一日に200キロカロリーは自分に甘くすると言っていました。
しかし、全体のカロリーを1日、1500キロとしたそうです。

試しに、私が普段食べている3食やおやつをカロリー計算してみるとだいたい1日に2500キロカロリーほど食べていることがわかりました。
1日、1500キロカロリーに抑えて運動をすれば、私にも痩せることが可能な気がしてきました。

でも、近所のこのダイエットに成功した女性は体重が10キロ落ちるのに、1年程度かかったとのことです。
これを聞いてママ友の糖質制限ダイエットのほうがいいかなあと思いました。
ママ友はほんの3か月で10キロ減っていましたから。

でも、近所の女性によると、糖質制限はしないほうがいいよとのことでした。
私が米好きだと伝えると、米好きな人は糖質制限には向いていないと言われました。
お米が食べたくて、精神的にかなり辛いと感じるとのことです。

そういえば、以前、無理な食事制限をした時にお米を食べられないことに非常にストレスを感じたことがあります。
やっぱり、私はお米の国の人なので、運動プラスカロリー制限をしようと思いました。
おやつも一日200キロカロリーまでよしとします。

時間はかかるかもしれませんが、頑張りたいと思います。
急に痩せるよりも体にいいだろうし、お米をたべていいということで安心感を感じました。

早速、ダイエットに励んでいる今日この頃です。
食べたものは何一つもらさずに、ダイエットサイトに書き込んでカロリーをしっかりとチェックしています。
今のところ、1500キロカロリー以下の食生活を送っています。

ダイエットを初めてすぐに、1.5キロくらい減りました。
今まで、沢山のカロリーをとっていたので、少なくなって体がびっくりしてしまったのかもしれませんね。

本日の運動は、まずダンベル運動と有酸素運動を組み合わせたものをしました。
そして、大昔やっていた、韓国の女性がだしたDVDのモムチャンダイエットのエクササイズをしました。
1時間弱で滝のような汗をかきました。

その後、ステップを使ってタバタ式ステップというのをやりました。
こちらでも汗だくでした。

10分間のストレッチをして、ヨガも10分しました。
まだ運動は始めたばかりですが汗をかいて、体が軽くなったように感じます。
1か月後に自分がどれだけやせているか楽しみです。


老人は眼瞼下垂の改善で精神年齢を若返る

 

20161104b

年配になると眼瞼下垂は確実に訪れる症状です。
目蓋が下がって眼球を覆い、目が小さく見えたり細く見えたりします。
見た目の変化だけでなく、視界が狭くなるので周囲を観察しにくいということになります。

この症状は単純に老化で起こるものですが、先天的にまぶたが一重で視界が狭い場合、老人になってからますます目が見えづらくなってしまいます。
年をとると目が悪くなるのは当たり前ですが、視力が衰える場合と、この症状で見えづらくなる場合の2つがあります。
両方の症状があわさると、ますます見えなくて困ってしまうでしょう。
年をとったら視力の回復と共に、眼瞼下垂の症状の緩和も考えてみてはどうかと思います。

これは整形外科的な手術を受けることになりますが、外見を若く見せる効果は大きいです。
目蓋の伸びた部分を切除して、ぱっちりとした目にすることができるからです。
年をとっても若々しくありたいという希望を誰もが持っていますので、こうかは絶大であると言えます。

目がよく見えるようになり、外見上も良くなると、心にまで作用することになります。
外出が億劫だったり、ひと目を避けてきた要な場合でも、この手術を受けて目もとが正常化すれば、自信を取り戻せます。
積極性も少しづつ戻ってくるのは確実なことです。
見た目だけでも良くなると精神年齢も若返ると言われています。

眼瞼下垂を治すことは、おおむね良い効果ばかりを生み出すことになります。
よく調べてから近隣の医院に相談することをおすすめします。
眼瞼下垂手術の失敗の話などもネットでは見かけるので、十分調べておいた方がいいと思います。


治療の際に痛みを軽減させているようです

3か月置きに歯科検診を受けています。
定期的にチェックを行うことによって、虫歯も初期の段階で治療を行うことが出来ます。
またかみ合わせもチェックをしてくれるので、検診を受けることが歯の健康にもつながっていると思います。

昔は虫歯の治療も麻酔を使っていたということなのですが、今ではそんなに大がかりなことはしていないように感じます。
レーザーで虫歯を治療するクリニックも増えてきています、通っている歯科医院もレーザー治療を導入しているので、虫歯の治療に痛みを感じることはありません。
それは定期健診で初期の段階での治療を行ってしまうから、と言うこともあるかもしれませんが、それでも全く痛みを感じないというのは少し不思議な感じがします。

小児歯科もある歯科医院なのですが、子どもが治療で泣くということもありません。
子どもが嫌がっている素振りを見せないので、それは凄いことだと思いました。

歯科恐怖症という精神的な疾患もあるようです。
これは子どもの頃に受けた歯科治療が心に影響を与えているのだそうです。
今の歯科医院は怖い、というイメージも払しょくされてきているので、歯科恐怖症もなくなってくるのではないかなと思います。

痛みが伴わないというのは、治療を受ける時のストレスも軽減されていいことだと思います。


入歯ってかなり昔から使われてたという

日本はカラクリ技術が発達していたり、巨大建築の技術が昔からあるなどで、手先が器用な技術者が数多くいました。それに想像力が豊かな人々が大勢いたので、東アジアでも中世以前の文化的な道具や作品が多く残っています。特に飛鳥時代以降では、大陸の技術を取り入れ、日本の技術力は飛躍的に向上していきました。

入歯についても、日本人は昔から木製のものを利用していて、平安時代の頃からすでに使っていた記録があるそうです。平安時代人が使っていたものを、現代人も使っているとは。最も古いものでは室町時代の現物が残されているというから驚きです。近隣諸国では、中国や韓国には昔の入歯は見つかっていないし、ほとんど普及していなかったと見られています。

昔の技術者は、人の口の中の形を取って作成していたのでしょうか。昔はものを食べるためではなくて、外からの見栄えを良くするためだけに、入歯を作って口の中に入れていたそうです。とりあえず見栄えさえよくなれば、という外見だけを優先した考え方は、当時は仕方なかったのでしょう。
歯茎に吸着して、物を噛み砕くという技術が完成したのは19世紀になってからのことでした。それまでは人に会っても食事ができないということにもなっていたでしょう。

つまり近年の技術というのは非情に優れているので、物を噛み砕けるのは当たり前みたいに考えられていますが、ここまで辿り着くまでには、かなり改良に改良を重ねた過去があったということです。

参考 入歯の歴史
http://www.wakaba-d.or.jp/builder/ireba/ireba1.html


最近初めた化粧水を使ったボディーケア

最近、お風呂上りにお肌の乾燥が気になるところに顔に使う用の化粧水を塗るようにしています。
顔だけではなく、肩や背中にかけての広い部分であったり、腕や足などにもバシャバシャを化粧水を塗っています。
最初はたまたまボディーミルクを切らしていた時に、代わりに使ったのがきっかけだったのですが、意外にしっとりとして効果がありました。
無印良品などで安くてたっぷり使えるものがあるので、化粧水なら体にも量を気にせずに遠慮なく使うことができます。

いままでいろいろなボディーケアをしてきましたが、あんまり肌に合っていると感じるものがなかったように思います。
それほど自分の肌が敏感だと思ったことはありませんが、どうやらやっぱり合うものと合わないものがあるみたいです。
でも、化粧水を使い始めてからは調子がいいように感じるので、少し継続してみようかなと思っています。
びっくりする効果はなくても、ちゃんと乾燥を補ってくれて、肌荒れしなければそれで良いと思っています。

自分なりの分析ですが、きっとボディーミルクやクリームは少ししっとりしすぎるのだと思います。
塗った直後は確かにしっとり感を味わうことができますが、少し脂っぽいかなとも感じてしまいます。
化粧水はほとんど水であまり効果がないと言われますが、それくらいが丁度良いのかもしれません。
塗りすぎてもべたつくようなこともなくて、寝る前でも、朝のシャワーのあとでも着る物を気にしなくても済みます。

顔に使うものよりさっぱりめのものを選んで使っていますが、そのオールマイティーな使い道にはずいぶんと助かっています。
フェイスシートに浸み込ませればパックにもなりますし、その上ボディーケアに使えるのはすごい発見でした。
値段の高いものだと使うもの憚られてしまうのですが、そこまで高いものでなくてもじゅうぶんに効果があります。
この調子が続けば、長年悩まされてきた背中のシミなんかも、その内消えてくれるんじゃないかと期待しています。
biyou_kesyousui


辛い頸椎椎間板ヘルニア

一年ほど前、突然右の掌から指先までがビリビリと痺れ、二の腕にかけて痛みというか、だるさを感じるようになりました。
最初は子供たちとの慌ただしい夏休みが終わり疲れが出たのかと思っていたのですが、その痛みは一週間以上続き、次第に物もちゃんと掴めず落としてしまうようになりました。もしかしたら頭の病気かもと不安になり、ネットで色々と検索していたところ、頸椎に損傷があると腕に痛みやしびれが出ると書いてあったため、近所の整形外科に行ってみることにしました。

レントゲンを撮ってもらいましたが、画像に異常はないとのこと。ただ、診察で右の中指を叩くと親指が反応して、「これは病的反射なので、椎椎間板ヘルニアでしょう。」と言われました。そのときの症状は、掌の痺れ、腕の痛みとだるさ、それから首が重く立って居るのが辛いことと、吐き気を感じるほどの肩こりです。その日のうちに首と肩の関節にブロック注射というものを打ってもらうと手の痺れと腕のだるさはなくなりました。

それから薬物治療と、一か月に二回ほど痛み止めの注射を打ってもらっていました。首に注射なんて…最初は怖いし痛いし出来ればやりたくないと思っていましたが、注射をすれば痛みが消えると思うと、自分から「先生、注射してください。」というようになっていました。学校や幼稚園の行事に合わせて注射をしてもらう日々。

ただ、一年近く経っても症状は変わらず不安になり、セカンドオピニオンでMRIを撮ってもらうことにしました。結果、画像に頸椎椎間板ヘルニアの症状は出ていませんでした。先生に今までの経過を話すと、軽い症状なら一年で自然治癒したのかもしれないとのこと。それではこの辛い首と肩の凝りは?と聞くと、神経的な痛みでしょうと。治療法も今までの病院と変わらないので、そのまま近所の整形外科に通うことにしました。

初診のMRIとレントゲンで一万円の出費。この一年の治療費もかなりな額です。辛いときは一日中寝たきりで働くこともできず、私はただの金食い虫だと思ったら精神的にも病んできて、夜は眠れず、のどに何かが詰まっているような感じで息苦しくなり、精神科にも通いました。

それでも一年半たった今、症状はだいぶ楽になりました。未だに通院と薬物治療は続けていますが、症状も和らいできて、軽く運動をするようになったら肩の凝りもだいぶほぐれてきて、普通の生活ができるようになりました。まだたまに辛くなることもありますが、家族の支えもあり頑張っています。生きる死ぬの病気ではなくても辛い痛みに耐えなくてはいけないことに変わりはありません。自分が病んでいることで周りの人に迷惑をかけてしまうと悩んでいる人も多いでしょう。私の経験からすると、辛いときは手を差し伸べてくれる人にとにかく甘える事。そうすることが元気になるための一番の近道だと思います。


レンタル絵画を活用している耳鼻科

私が最近通っている耳鼻科の待合室にはいつも素敵な絵が飾られています。
受付の方にそれとなく聞いてみると、レンタル絵画を活用しているとの答えが返ってきました。

レンタル絵画とは初めて聞きましたが、レンタルすると季節ごとに絵を変えたりできるのでとても便利だそうです。
病院の待合室には予防接種の貼紙などがあるのはよく見ますが、絵画はあまり見たことがないので風流で素敵だなと思いました。

その耳鼻科は幼稚園の友人に紹介してもらいました。
昨年できたそうで、中は白で統一されていてとても清潔感溢れる耳鼻科です。
テレビ画面のようなものが設置されていて、そこには待ち時間と今呼び出されている番号が表示されます。

アイチケットというのも活用していて、家からスマホなどで予約して、その時間に行けばいいので待ち時間も大幅に削減することができます。
私はこのようなシステムがあるのを初めて知ったので、とてもびっくりしました。

さらに先生の診察がとても丁寧で、優しく対応してくださいます。
機器も充実していて、私が蓄膿症の時はレントゲン撮影をして、きちんと中の膿を丁寧に取り除いてくれました。

ほかの耳鼻科だと痛かったりしましたが、この耳鼻科の先生は上手なのか全く痛くありませんでした。

素敵な絵画も飾ってあり、画期的なシステムに先生の丁寧で上手な診察とくれば、この耳鼻科が常に混んでいる理由がわかります。
良い耳鼻科が近くにあって本当によかったと思います。


がん検診に行ってきました

結婚して正社員ではなくなってから、8年ほどになります。
この間、まともな健康診断は受けていないのですが、健康なので特に気にしてはいませんでした。
とは言え、私はがん家系なので、とりあえず自治体の補助があって案内がきた時には、
検診を受けるようにしています。

medical_shikyugan

私の年齢で当てはまるのは「子宮がん検診」で偶数年に補助がでて、安く受けられます。
でも、前回は無料クーポンが送られてきたのに、今回は(ーー;)補助でした。
回数によるのでしょうかね~。
そしていざ病院へ。
自分の健康の為とは言え、やっぱり婦人科系の診察は(>_<)抵抗がありますね…。
まあ、もうおばさんなので、恥ずかしがると、かえって恥ずかしいので(ーー;)開き直りますが(笑)
そして先生の腕にもよるのでしょうか、私は痛みなどは無かったのですが、
私の姉はびっくりするほど(>_<)痛かったそうです。
これは若い子なら嫌だろうな~と思うので、もっと検診が気軽なものだと良いと思います。
あともう少し年齢が上になると、乳がん検診もあります。

若い頃、1回だけ受けましたが、超音波検査(エコー)だったので痛みはありませんでした。
しかし、マンモグラフィーという圧迫する検査は(>_<)痛いと聞きます。
挟めるほど胸がないのに、検査は(?_?)可能なのか…という疑問を持ちつつも、
案内が来たら検診に行きたいと思います。

自宅で出来る性病検査


新学期早々結膜炎で出席停止。

昨日の朝から左目を痒がってた息子。

今朝、朝起きたらものすごい目やにで

ガチガチになって目が開かない!

久々の眼科です。

「あ~、結膜炎ですね~、

しばらく幼稚園お休みですね~。」

先生にそう言われて大喜びの息子。

(幼稚園あまり好きじゃなくて…)

薬局に行って目薬を2種類もらいました。

薬剤師さんが、

今日は結膜炎の患者さん多いですよ~って。

でも息子のクラスで結膜炎の子はいないんです。

うちはみんな出不精でそんなに人ごみに

出かけたりもしないのに、

息子はなぜかいつも流行りの病気一番乗りです

2月にも一番乗りでインフルB型にかかりました。

息子から始まるとどうしても下の子に

移って私に移ってなので、

幼稚園から色んな菌を持って

こないでくれ~と思ってしまいます。

下の子は産まれて間もなく息子の風邪を

もらって大変でした。

その後も病気しやすいお兄ちゃんからもらいまくってるので

下の子が幼稚園に行く頃にはだいぶ免疫

ついてそうな気がします。

だけど今現在、まだ結膜炎は下の子には移ってないみたい!

このまま移らずに行けるかな~?

kega_gantai_man

お客様リピート率NO.1!!ピクノジェノールのパワーが凄い!


椎間板ヘルニアの治療は保存療法が基本?

突然起こる腰の痛み、俗にぎっくり腰といったりしますが、これって本当につらいものです。

ひどいと寝返りさえ打てなくなり、身動きできなくなります

こうした時はトイレに行くのも一苦労だったりします。

ですが、通常のぎっくり腰の場合、しばらく静養すると治るものです。

まあ、ひどいぎっくり腰でも一週間もすれば何とか歩けるようになります。

しかし、このぎっくり腰がじつは椎間板ヘルニアが原因の場合もあります。

椎間板ヘルニアは骨と骨との間にあり、

クッションの役割をもっている椎間板が壊れて引き起こされるものです。

だから、筋や筋肉が原因と見られるぎっくり腰と比べると、なかなか厄介なものなのです。

この壊れて飛び出た椎間板が神経を圧迫すると坐骨神経痛を引き起こしたりします。

足のしびれや痛みなど様々な症状を引き起こします。

こうした椎間板ヘルニアの治療ですが、いくつかの方法が知られています。

大きく分けると保存療法手術療法があります。

このうち椎間板ヘルニアの治療として一般的なのは保存療法です。

保存療法と言うのは、まあ簡単に言うと根本的な治療はせず

自然治癒に任せるということです。

ですから、ブロック注射で痛みを抑えたり、シップを貼ってごまかしたり、

牽引や電気などの対症療法を行います。

これでは無理なほど重篤な症状の場合、手術治療ということになります。

手術療法ではヘルニアを切除したりするなど、

原因の根本を除去することができます。

しかし、手術療法でも再発が起こる可能性が高いのがヘルニアの特質です。

椎間板ヘルニアの治療というと、かつては手術が多く見られたのですが、

医学的知見が増すに従い、自然治癒力が見直されたため、

保存療法が主になっています。

いずれにしても、ヘルニアには出来るだけなら無いように予防することが重要です。

そのためには腹筋、背筋を鍛えるなどして、普段からの予防を心がけることです。

また体重増加にも注意しましょう。

1日5分で首筋スッキリストレッチ枕


スポンサーリンク