おでかけ・食べる 一覧

スポンサーリンク

日本人が行きやすい観光地、台湾

20161104c

新婚旅行でハワイに行くためにパスポートを作ったので、せっかくパスポートを作ったのなら行けるうちに色々なところに行きたい!と夫と話して、積極的に旅行に行くことにしました。
しかし二人ともあまり英語は得意ではなく、海外旅行も慣れてないため行けるところが限られています。
新婚旅行をハワイに決めたのも日本語がある程度通じることと、治安の良さで決めたのでした。
夫の仕事もあまりまとまった休みが取れないため、3泊4日ぐらいで行ける場所で、治安が良く、英語が得意でなくても大丈夫、観るものがたくさんあり、ついでに食べ物がおいしいところ・・・と贅沢な条件で行ける場所を探していたら、友人たちから台湾が良いというそれまであまり台湾のことを知らなかったのでガイドブックやネットで調べてみると、日本人観光客に人気で、食べ物も日本人の味覚に合うものが多い、飛行機で数時間で到着できるということで、台湾に魅力を急に感じ始め、今年の旅行は台湾に決めました。

私の住んでる地域の空港から直行便が出ており、4時間程度で着くことができました。
時差も1時間程度しかないので、時差ボケで辛いということもなかったです。
実際に台湾に行ってみて感じたことは、運転が荒く、バイクがものすごく多いということ。
バイクの3人乗りなんて日本では見られないものも見られます。
さすがに日本人観光客が多いので、いたる所に日本語の表記がありました。
日本語の表記がなくても漢字からなんとなくニュアンスがわかったりします。

食べ物は日本人の味覚に合うものが多く、小籠包やマンゴーかき氷など格安でお腹いっぱい食べることができました。
汁物がちょっと薄味で人によっては物足りなく感じるかもしれません。
臭豆腐の臭いが街のあちこちで漂っていて、私はこれの臭いが苦手なので遠慮しましたが、普段食べなれないものでもせっかく行ったのならチャレンジしてみるのも旅行の楽しみの一つかもしれないですね。

今回行ったのは日本人観光客が多い地域のみでさらっとしか観光できませんでしたが、もしまた行くことがあればもっと踏み込んだ場所や食べ物を楽しんでみたいです。


ローラー滑り台で、楽しく脚のマッサージ

最近、近所の公園ばかりで、飽きてきている息子の為、近くでも1日遊べる公園の開拓に「家族でおでかけ」の本を購入しました。
意外と近所で、動物園と併設している公園があり、それも、入場無料!!お得に遊べる場所を発見しました。
さっそく、休日にお弁当を持って、主人と3人でお出かけです。

無料なので動物園も期待はしていなかったのですが、わりと動物園もしっかりしていて、ウマの餌やりや、珍しく、アルパカも楽しそうに遊んでいます。
ふれあいコーナーもあり、ウサギと楽しくたわむれたりと、ひとしきり、動物園を堪能した息子は、お目当ての公園へ移動です。
迷路からジャングルジムにつながっていたり、急な滑り台が2つとローラーの長い滑り台が1つ、休日とあって、どれも順番待ちの人でいっぱいです。
息子は一人でも滑れますが、少し急な滑り台なので、最初だけ主人も一緒に滑りました。
私はカメラ片手にローラー滑り台の下で、待っていましたが、2人で楽しく追いかけながら滑ってきます。
滑り終えた主人が一言「お尻から脚のツボに効く、この滑り台、マッサージ効果があるから、お母さんも滑ってこいよ」そう言って、違う滑り台に向かう、息子を捕まえて、ローラー滑り台へと誘導しています。

どうするのかな?と思い一連の行動を見ていると、やっぱり、主人の誘いには乗らずに、主人の手を振り切って、息子は自分の行きたい場所へと、走って行きました。
そうだよね~、そう思って息子が迷子にならないように、息子を目で追っていると、なんと、主人が1人で、ローラー滑り台に並んでいます。
前に並んでいる子供が、あたかも自分の子供であるかのように、、、やはり、この滑り台の振動には、マッサージ効果があるようで、私も気になり、一度滑ります。
結果は「なるほど、脚、ほぐれる」大人2人が、はりきって滑り台をすべる姿を、息子が横目で見て、「僕も一緒にすべろうかな」最後は3人で仲良く滑る事になり、親が息子に気をつかわせた一日になりました。
tatemono_kouen


学生時代にみた長崎の夜景を思い出して

生時代に九州へ友人と旅行に出かけたことがあります。
その時に素敵だなと感じたことの1つが長崎の夜景です。

長崎って日本の中では少しレトロな異国的情緒が感じられる県ですね。
おそらく日本の鎖国時代に唯一貿易をしていた地というのもあるかも知れません。
ヨーロッパと貿易していた関係で、歴史のある洋風な建物が多いようですね。
町の中の石畳や、段々になった土地にひしめく建物も洋風で日本ではないみたいです。

その坂の上に立地するホテルに泊まったのですが、高台のホテル見下ろすと長崎の夜景が斜面に浮かび上がって美しかったのです。
その当時はまだ携帯なんて持ってませんでしたから、手持ちのカメラで友人とぱしゃぱしゃと何枚も写真を撮影したのを覚えていますね。
大人になってまた九州に旅行に行くことになりましたが、その長崎の夜景のインパクトが自分の中で残っていたようで、同じホテルではないのですが、同じように高台にあるホテルに泊まることにしました。

夜景って人工的な光なわけですからそれほど良いと思ったことはないのですが、長崎の街並みも含めてその異国に旅行に来たような錯覚を受けるその夜景がなんとも言えませんね。

九州はあちこち回りましたし、素敵なものもたくさんありましたがこの長崎の夜景が一番印象に残っています。
何年も経っていましたが、また同じ夜景を観たときに、ああこれだったとすごく懐かしく感じました。
今回は携帯のカメラで撮影しましたが、やっぱり綺麗に写せるまで何度も撮り直ししていましたよ。
ダウンロード (2)


大阪空堀商店街にあるこんぶの老舗

大阪市中央区空堀商店街の中ほどにある老舗の昆布屋が、「こんぶ土居」です。
入り口が広くはないので、初めて入る方には少し敷居が高いかもしれませんが、思い切って中に入ってみて下さい。
雰囲気のある重厚な作りの店内には、たくさんの種類の昆布があって、どれにしようか迷ってしまいそうです。
こんぶの香りが漂う中、いろいろ見て回るだけでも楽しいのですが、質問すれば教育の行き届いた店員さんが丁寧に接客してくれるはずです。
いろいろな種類のこんぶや、こんぶ飴、工夫された数々の商品はどれも絶品ですが、一番おすすめしたいのは「おだし」です。
スーパーで買う塩こんぶより、お値段は張りますが、それだけの価値はあります。
是非、お試し下さい!

お店の中で、ひときわ目立つ背の高い青年が、数年前に父親からお店を受け継いだ社長です。う~ん、どう見ても和風ではない、イケメン社長は、イタリア通だそうですよ。
ギャップが楽しい。

こんぶ土居は、数年前に100メートルほど商店街の西にあった旧店舗から現在の場所へ移転してきました。
現在の店舗は、もとは銀行だった建物を利用して作られています。
店内の重厚でひんやりした独特の雰囲気は、その名残かもしれませんね。
商品に加えて、注目していただきたいのが、こんぶ土居の包装紙や手提げの紙袋。
特に手提げ袋は、カッコイイ!

レトロで風情のある柄と、上等な紙質。
持ち歩くだけでもリッチな気分が味わえます。
もちろん、手土産などで持参すれば喜ばれること間違いなしです。

大阪のお店や会社は独特の雰囲気がありますね。


女子会でビールを少々

去年の夏の時のこと。
昼間にビールを飲みたい気分になり、友達に電話しました。友達も、なんか飲みたい気分だったんだと白状し、近くの駅で待ち合わせをすることになりました。暑かったんで、飲みたい気分になったんです。

暑さにはかないませんもんね。ちょうど、友達と落ち会い、王将に入ることにしました。王将なら、リーズナブルだし、ビールも飲めるし、長居できるしで、即決定でした。

私たちが店内に入ると、ちょうど昼時と言うこともあり、少し込んでましたが、座敷の席が空いているということで、座敷に通されました。ゆっくり、おちついて飲みたかったので、ちょうどよかったです。

メニューは、いろいろありますが、とりあえず、ビールを頼みました。乾杯しました。良き友達で居てくれてることに、乾杯です。

二人とも、ぷはーっと、大きな声を出したので、なんか笑ってしまいました。料理は、ニラればと、天津飯を頼みました。2つとも、私の大好物です。
ついでに、餃子も頼みました。料理が来る前に、ビールを飲むペースも弾み、とても楽しかったです。

ここで、友達が、あることをいいました。あることとは、「最近、クールビズっていうじゃない。でもさ、私たちってさ、ビールクズじゃない?」って言ってきたんです。
かなりウケました。ビールクズかー。確かに、昼間っからビール飲んで、そして、今まさに、2杯目を飲もうとしている。
完全にビールクズだわと思い、2人して、大笑いしました。

料理もおいしく頂き、満足の女子会でした。
nomikai_joshikai


雨の日

今日は朝から雨が降っています。
しとしと降り続いていて、少しだけ涼しい感じです。
本当ならこんな雨の日には出かけたりせずに
ずっと家ですごしたいところですが、
ちょうど給料日だったのでお金をおろしに
銀行に行くことにしました。
自宅から徒歩5分の距離にある銀行ですが、
いつもは自転車で行くのですが、
今日は雨降りなので傘をささずに
濡れるわけにもいかず、
仕方なく歩いていきました。
歩いてみると案外近いのだなと感じました。
なぜいつもあんなに歩くのを拒んできたのか、
自分でも不思議に感じました。
涼しい雨降りの中、気持ちよいお散歩が
できて良かったです。いつもはちょっと
自転車をこいだだけであ汗びっしょりに
なっていましたが、今日は汗もかかずに
往復できました。これから暑い夏がやってきます。
それだからこそこんな雨の日には
お散歩してみるのもいいのかもしれません。

_ajisai_katatsumuri

女性用 頭皮のニオイケアシャンプー【キュアリス】


着物が必要な行事のときは着物レンタルで

日本人といえば伝統衣装は着物を思い浮かべますが、
最近は冠婚葬祭や何かの目出度い場所でしか
着物を着る機会がありません。
一昔前はどこの家庭でも、昔ながらの着物を着ていたというのに。
だから自宅のタンスにも着物を置いてないという人は、
年々増えているでしょう。
一方で浴衣については軽装なので、
自宅で愛用しているという人はいると思います。
しかも夏祭りの時に浴衣を着ることは、
女性の場合には一般的になっていますから。
でも重たい振り袖の着物となると、
やはり保存のことでも困ることがあります。
着付けの方法が良くわからないというのも、
着物を着るときに困ることです。昔の伝統的風習が、
失われていくのは悲しいことだなと、ふと頭をよぎりました。
ところで、着物レンタルができるという話は、
知りませんでした。レンタルといえば自転車、車、
ビデオ。そういうものだと思っていました。
衣服のレンタル、しかも着物ということで、
いつからレンタルが行われているのか存じませんが、
良いアイデアだなと思います。
普段全く使わないものはレンタルでというのは、
極めて合理的な発想だと思います。
着物の保存をする必要もなくて、
必要なときだけ借りておけばokなのです。
でもそうすると、ますます自宅に着物を置く人は
減るかもしれないという考えもあるのですが。
現代の事情を考慮すると、仕方がない
という言葉が当てはまります。
地元で調べてみると、
着物レンタルを奈良で出来るお店がけっこうあると
分かりました。近隣のレンタル会社を
利用してしまえばいいのだなと思います。
七五三でもお宮参りでも、様々な冠婚葬祭でもです。
そういうお店は、来店してレンタルすると着付けも
行ってくれるというのです。
着付けは無料でしてくれるということだから、
嬉しいサービスです。着物の着付けについては、
覚えるには何度も着て体で覚えるのが良いのでしょう。

着物レンタルは日本文化継承の場として、

重要だなあと感じました。

【送料無料】GINGER掲載・モデル着用★選べる4タイプスワロフスキージルコニアネックレス


おいしいトースト

友人がパン屋さんで食パンを一斤買って(>_<)食べきれないというので、
3分の1くらいを譲り受けてきました。

食べきれないのなら初めから一斤まるごと(;一_一)買わなければいいのにと思いましたが、
どうやら、なかなか行く機会がない遠くの有名店までわざわざ出向いたので、
あまったら配ればいいと思ったそうです。

それなら(ーー;)すぐ分けてくれれば良いのに。
きっと買いたてはそのままでも美味しかったのでしょうけど、
私がもらった時点では少し乾燥して(>_<)固めになってしまっていたので、
トーストにして食べました。

せっかくなので美味しくいただきたいと思い、上に乗せるものを買ってきました。
バター、シナモンシュガー、ジャム、それから貰い物のはちみつがあったので、
それも載せてみることにしました。

パンを小さ目に切って色々な組み合わせで載せて焼いてみましたが、
私のお気に入りはバターシナモンシュガーでした。

溶けたバターが染み込んだところにシナモンシュガーがとてもあいました。
まだパンが半分くらい残っているので、他にも色々(^^♪試してみようと思います。

food_toast


バドミントン

13時頃から体育館でバドミントンをしているというので、見学に行きました。

自宅から30分かかる道のりをトコトコとバイクで行きました。
天気も良くて絶好の「ツーリング日和」だなって、カブに乗りながら思いました。

体育館に着くともう、バドミントンをしていました。
私は(ーー;)体調不良のために、バドミントンができず見学です。

大人が11人いたので、シングルスとダブルスの試合をしました。
私はシングルスのゆる~い審判と得点係をやりました。

上手い人は上下左右に人を動かして、ポイントを取っていくなと思いました。

逆に、下手な人はバタバタ動いて(>_<)ミスをするなと思いました。

自分は子どもの頃バドミントンをやって、全然勝てなかったので(>_<)苦手意識はありますが、
今日みたいな感じならば参加したいと思いました。

みんな4時間動きっぱなしで元気だし、疲れたと言ってもバリバリ動いてるのが(@_@;)すごいです。

地下にはシャワー室がついているので汗をかいても流せるのがいいですね。

経験のあるなし、老若男女に関わらずみんなで一緒に♪楽しめるのが、
スポーツの(*^^)vいいところだと思います

月に2回開いているので、今度は参加するためにまずは体調を整えて、
バドミントンシューズとラケットを買いに!(^^)!行きたいです。

olympic31_badminton

人気のショート丈レディースパンツ、サイドのギャザが可愛さ演出【ヨネックス祭】YONEX 25006 …


料理教室をする際の雰囲気造りにレンタル絵画

自宅を新築した際に、キッチンを広めに造り!(^^)!料理教室を開くことにしました。
フレンチの料理教室に長年通っていたため、またロブションやルコルドンブルーなどの
シェフが日本でディナーパーティを開催する時にはその味を覚えて来た経験を
活かしたいと思ったためです。

セレブ層をターゲットにした料理教室値段設定も平均よりやや高めに設定してあるため、
料理教室+αの価値、つまり非日常的な空間の演出が必須であると感じました。
そこで目を付けたのはレンタル絵画です

常連のお客様とキャンペーンで参加されるお客様に素敵な空間を感じて貰いたいために、
玄関から見える最初の位置の壁にやや豪華な雰囲気のレンタル絵画を据えています。
当然、ここから始まる会話もあり、日常と切り離される空間を意識させるトリガーとしての
機能があると感じています。

レンタル絵画は、購入するものとは違い、月額1000円程度から利用できるので、
春夏秋冬に見合った絵を飾れることにも大変な意味があります。
料理も人間も、特に日本人は季節の趣を大切にするからだと言えます。

玄関のみならず、キッチンで料理をし終えた後、リビングで会食をする際にも
優雅なひと時を感じて貰いたい、そんな思いでここにも設置しています。
レストランのような本格的な雰囲気に少しでも近くなるように設置しているのですが、
お客様からも(*^_^*)好評を頂いおります。

非日常的な空間の演出方の一つとして、その場に見合った絵画を据えると
心にも良い影響が与えられるのです。




スポンサーリンク